カテゴリー:QOL向上

部屋にソファはいらない?QOLの観点から必要性を考えてみた

一昔前までは畳の部屋にちゃぶ台と座布団を置いて生活していた日本ですが、最近では部屋にソファを置いているという人がほとんどとなっています。

椅子とデスクで生活をするという習慣に慣れてきたということもありますが、住宅も畳を使用している部屋が少なくなっており、ほとんどがフローリングに移行しているということがありますので、床に座るという生活をしている人が少なくなっているのです。

ソファを置いているとそこで眠り込んでしまったり、ずっとテレビを見てしまうというようなことがあることから、ソファはいらないと考えている人も少なくありません。

最近では共働き家庭が増えてきたということもあり、ソファにゆっくり座る時間がほとんどないということもありますし、帰ってきて家事をしている間にパートナーがソファから動かないというのを見たくないという人などはいらないと考えていることも多いのです。

ソファを置かない方が部屋を広く使えるということもありますし、座り込んでしまって動けなくなってしまうことを懸念して最初から置かないという選択をする人も増えています。

マンションに住んでいるという人は子供が飛び跳ねてしまうということも懸念してあえておいていないという人もいます。

関連記事

  1. カテゴリー:QOL向上
  2. カテゴリー:QOL向上
  3. インテリアグリーンとは|お部屋に植物を置く3つのメリットを解説します
  4. カテゴリー:QOL向上
  5. カテゴリー:QOL向上
  6. カテゴリー:QOL向上
PAGE TOP