【インテリアと色彩】癒し空間を作るのに効果的なカラーとは?

【インテリアと色彩】癒し空間を作るのに効果的なカラーとは?

忙しい毎日を過ごしている場合、自宅ではゆっくりと落ち着けたり癒されたりしたいものでしょう。

そのような場合にはインテリアの色にもこだわって癒しの空間を作ることをおすすめします。

癒し空間におすすめのインテリアの色の1つはブルー系です。

青は鎮静効果があるといわれていて、高ぶった心を落ち着ける効果があるといわれています。

爽やかな色合いの寒色系のカラーは興奮を抑えてくれます。

カッカしがちな人も冷静になりやすくなるでしょう。

もし昼間の興奮が夜まで続き、寝つきが悪い場合には青系のインテリアにすると良いかも知れません。

鎮静作用のある爽やかな色合いですが、色の使い方によっては陰気な印象になることもあるため上手く使うことをお勧めします。

また癒し空間を作るなら、グリーン系のカラーを取り入れたインテリアにするのもおすすめです。

緑といえば、自然界にある草・木などを連想させる色合いです。

グリーンは心をホッと穏やかにする効果が期待できます。

寝室に取り入れても良いですし、リビングに使った場合でもくつろげる癒しの空間になる可能性があります。

さらに茶色やベージュ、淡いピンクなども心をリラックスさせたり落ち着かせる効果があるのでおすすめです。

関連記事

  1. カテゴリー:お部屋作り
  2. 掃除しやすい部屋を作ろう!家具のレイアウトのコツを解説します
  3. 【寝室インテリア】リラックスできる雰囲気にするポイントとは?
  4. カテゴリー:お部屋作り
  5. 落ち着く部屋はカーテンで作れる!色や柄の選び方をお教えします!
  6. カテゴリー:お部屋作り
PAGE TOP