【寝室インテリア】リラックスできる雰囲気にするポイントとは?

【寝室インテリア】リラックスできる雰囲気にするポイントとは?

寝室は寝ることに特化している部屋なので、リラックスができるインテリアを全力で取り入れておくことによって、睡眠の質の向上につながり、生活の質も上がっていくということがあるのです。

寝室をリラックスできるインテリアにするためには、部屋のテーマカラーを決めるということが重要となります。

なるべくリラックス効果があって落ち着く色を選ぶことで、寝つきも良くなりますし、気持ちが落ち着くことによって睡眠の質を上げることにもつながってくるのです。

例えば、白やベージュなどの落ち着いた中間色で統一することによってリラックス効果を高めることができますが、オレンジや赤などのハッキリとした色を使ってしまうと交感神経が活発になってしまうということから寝つきが悪くなってしまうということもあります。

電気の色も明るく照らすようなものではなく、間接照明だけで薄暗くしておくことで脳に寝るタイミングになったと思わせることができますのでおすすめとなっていますし、アロマストーンにリラックス効果のあるアロマを垂らしておくことで、香りをふんわりと部屋に広げることができ、それによってリラックス効果を高めることもできるのです。

眠りの質を上げるためにはこういった工夫も必要となってきます。

関連記事

  1. カテゴリー:お部屋作り
  2. カテゴリー:お部屋作り
  3. 掃除しやすい部屋を作ろう!家具のレイアウトのコツを解説します
  4. 落ち着く部屋はカーテンで作れる!色や柄の選び方をお教えします!
  5. カテゴリー:お部屋作り
  6. カテゴリー:お部屋作り
PAGE TOP